ゴル☆ゴル☆パピ☆日記

2ワン3ニャンとぐうたらなママのつぶやき。そしてアニマルコミュニケーションとレイキヒーリング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

セナの最期の時…?

病院で言われたのは、お腹から抜いた血液で腫瘍の種類がわかり、そのことでセナが今どのような状況なのかわかると…。
「腫瘍は血管肉腫と言うもので腫瘍の中でも最悪なものです。CT検査をしても手術できませんでしたよ。
今、セナは意識がとんでいると思います。痛みがあるかもしれませんが本人がどのくらい感じているのかはわかりません」と…。
意識がとんでいるのに自分で歩くのでしょうか!?
セナには意識があったと思います。



a6ae4bd8.JPG
5ヶ月半のセナ



夜中に何度も身体を動かしたがり寝返りをうたせている時、やっとの思いで立上がりトイレに行きウンチを済ませ水をガブガブと飲み全部吐いてその場に伏せて動けなくなりました。
友達と二人でセナをベットまで運びました。
しばらくしてミカンの汁を口に垂らしてあげるとミカンも食べようとしていました。
朝方、私がウトウトとし始めると「寝ないで!」と鼻でツンツンとされ起されました。

そしてセナの呼吸がおかしくなってきたのが朝の10時くらい〃〃〃
27分後…セナは「バイバイ」も言わず私に「ありがとう」も言わせず天国へ旅立って行ってしまいました…

最期まで私の我が儘を聞いてくれて辛い決断をさせる事なく…
本当に本当に飼い主孝行な子でした。

もっともっと一緒にいたかった…。

CT検査も「そんな事しても無駄だよ!」って教えてくれたんですよね。
私が無理をして検査を受けさせようとしていたのも、よーくわかっていたんだと思います。
セナはそうゆう優しい子だったんです。


14a5b856.JPG
9ヶ月位のセナ



セナが亡くなってから、いつもと変わりない部屋の中がシーンと静かになってしまいました。
今、そこに静かに眠っているセナを見ると、ニコニコと笑って起きてきそうな気がします。
そんなセナにいつものように、お話しをしたり、身体を撫でたりしていると
セナにお別れを言うために何人かの方が来てくれて、訓練士さんも会いに来てくれました。
皆さん、セナにとっては大好きで会いたかった人ばかりなので、とても嬉しかったんじゃないかな♪
「セナちゃんは人付き合いが良かったんだね♪」

db3fb8e0.JPG

そして次の日、大好きだったオモチャとお花と毛布に包まれて…食べる事のできなかったオヤツやご飯も一緒にお骨になりました。

a3c75781.JPG
なんだかセナが訓練や散歩に行っていて帰ってくるような気がしてなりません。
でも…
1日たっても2日たっても帰ってくることはありませんでした。

私の心の中に大きな穴がポッカリとあいてしまいました。

セナのいない生活が不思議なんです。
朝、起きても銀ちゃんのご飯を用意していても、何故ここにセナがいないのか不思議で…。
真っ暗闇のなかでセナを探しているような感じで、いくら呼んでも戻ってくる事はありませんでした。


「バイバイ、セナちゃん。またいつか絶対に逢おうね♪
寂しいけどその日がくるまでの我慢だね♪
忘れないよ。
大好きだよ♪セナちゃん」


88c9ae0a.JPG
d0632f91.JPG

「10年間いつも一緒にいてくれて楽しい想い出をありがとう♪」

スポンサーサイト
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<虹の橋からの手紙 | ゴル☆ゴル☆パピ☆日記 | セナの最期の時…>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ゴル☆ゴル☆パピ☆日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。