ゴル☆ゴル☆パピ☆日記

2ワン3ニャンとぐうたらなママのつぶやき。そしてアニマルコミュニケーションとレイキヒーリング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

セナの最期の時…

1月25日、お天気がいいのでセナを屋上へ連れて行き気分転換をさせていました。
セナを可愛がってくれていた下のお肉屋のオジサンがレバーの唐揚げを持って上がってきていました。
「セナ~美味いもの食わしてやるからな~」って…セナはすごく喜んで食べていました。f964a820.JPG
〃〃〃〃〃〃




私はそれから仕事へ行き戻ってきたのが夜の9時過ぎ…。
セナの3回目の食事は11時くらいなので「ご飯ちょ~だい」と言っているセナに「もう少し待ってね」と言い聞かせていました。
ご飯が欲しくてキッチンの所でシッポをふるセナ…。

それが最後の元気な姿でした。
急に様子が変になり、お腹が大きく動きます。
昼間、食べた物を全部吐きお腹が何度も動くのです。
そしてわたしの側にきて静かに伏せ「苦しいよ」と泣き出し「助けて」と何度も私の顔を見ます。
お腹を擦りながら「大丈夫!朝になったら治るから」とセナにいいました…が
結局、朝になっても昼になっても泣いたまま立ち上がることが出来ませんでした。




5fa73ad8.JPG
大学病院の鷲巣先生の紹介の病院で救急で診察と手当てをしてもらい、昨日とは違うセナの姿。
私の目の前で寝たきりになって酸素を吸っているのです。
信じられません!

診断の結果、腫瘍が爆発し出血しているとの事。
癌細胞がお腹の中に撒き散らされた状態です。お腹から抜いたのはほとんど血液だったそうです。
止血剤を注射してもらい、もし出血が止まれば、あと3ヶ月くらい生きられるけど止まらなければ、あと1日もつかどうか…と言われましたがまだ信じられません。
「セナちゃんが死んじゃうなんてあるはずがない」
病院には家のお隣りの方も一緒に来てくれていたので相談の結果、家に連れて帰る事にしたんです。
「セナちゃん、お家に帰ろう!銀ちゃんも待ってるよ」



0e02b91e.JPG
車の用意をするため外に出て…振り返ると、セナが立って私を見ていました。
立てなかったセナが自分で歩いて外まで出てきていたんです。

セナは帰りたかったんでしょうね!

車にどうにか乗り込み家に着いてからも階段を途中まで自分であがり、その先はお隣りの方と弟さんが運んでくれました。
その時、セナの後ろ足が動いていたそうです。
きっと自分で上がっているつもりだったのでしょう。
玄関からは、また自分で歩いてベットまで行き、そこで動けなくなりました。


56f364ff.JPG
それからは寝たきりになり酸素を吸わせお腹を擦りながら水をスポイトで飲ませてあげると美味しそうに飲んでいました。
そして私が動くたびに顔をあげてみてるんです。
きっと
「側にいて!」と言っていたんでしょう。


b7ab5a0a.JPG
3ヶ月半のセナ☆
スポンサーサイト
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<セナの最期の時…? | ゴル☆ゴル☆パピ☆日記 | 悩み続けた毎日…?>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ゴル☆ゴル☆パピ☆日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。