ゴル☆ゴル☆パピ☆日記

2ワン3ニャンとぐうたらなママのつぶやき。そしてアニマルコミュニケーションとレイキヒーリング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

屋上…♪♪


「ママーーーッ!あれってナニーーー?」


7ca401db.JPG




「お空だよぉ!馬アキレスみたいなのがあるょ~!」


567729c4.JPG
「食べたいなぁ・・・でも、イイニオイしないなぁ・・・なんでだろう!?」





「あれは…飛行機雲かなぁ!?
も・もしかして地震雲!?(゜ロ゜;)」byママ




「なぁ~んだ!食べ物じゃないんだね。チッ!」


30b5b80c.JPG「今Θは、お隣りのリュウキチ君来たかな?もうひとつ、お隣りのパンくん来たかな!?ア~忙しい…忙しい。アタチ、いろいろ確認しなくちゃ・・・」





d995eefa.JPG
「クンクンクン…アー忙しい…忙しい。確認しなくちゃいけない事たくさんあるから大変だゎ…」




オイオイヾ(‐ ‐;)
地震雲だったらどーするのぉっ!



そんなことには興味の無いピースなのでした。(=o=;)



スポンサーサイト
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

月命日…☆

Everlasting

街路樹残る雪たちに
光と風が降りそそぐ
胸を張っても
うつむいても
季節は足を止めないね
指切りみたい交わしてた
じゃあねとまたねて言う言葉
なれた仕草も忘れるの?
違う未来へ行くの

このさよならが旅立ちならば僕の笑顔を全部あげるよ
出会ったことも歩いた街も二人の胸で生き続けるの

ずっとずっと忘れない扉いくつ開けても
どんなに遠く離れても繋いだ手と手
離れはしない

無理やりにでも忘れなきゃ次の自分に行けないの
動きはじめたホーム越し君が小さくなる

挫けた時はそう僕のため大丈夫だと泣いてくれたね
恥じないように強くなるから約束するよ夢は叶える

音のしない涙がこの胸ながれるけど
悔やまず踏み出すよ

I'm sorry for you tenderness
また会えるまで

Everlasting

このさよならが旅立ちならば僕の笑顔を全部あげるよ
出会ったことも歩いた街も二人の胸で生き続けるの

ずっとずっと忘れない扉いくつ開けても
どんなに遠く離れても繋いだ手と手
離れはしない

・・・・・・・BoA・・・・・・・


この曲を聞くとまだまだ泣いてしまうなぁ。
「セナちゃん、たまには夢の中で遊ぼうよ♪
待ってるから・・・・」


7fca2eb6.JPG

もう一度抱き締めたいよ!



コメントは気にしないでね(o^-')b


別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

シツケの事…

セナを育てている時から思っていたことがあった。
散歩で公園などに遊びに行くと、いろんな犬が来る。

でも、必ずと言っていいほど、その中に無差別(?)にマウンティングしてくる奴がいて本当に嫌だよね~。

そうゆう飼い主にかぎって自分の犬をノーリードにして放ったらかしにしているんだ~(^-^A
私にしてみれば「どうして~?」って思うけど・・・・・

ウチはセナに関してもピースにもシツケを厳しくしてるんだけど…野放し飼い主にかぎって「そんなに厳しくしたら可哀想よ」とか言うのよね~。
昨日も公園で体重40キロのラブにピースは何度もマウンティングされてしまい飼い主さんは「〇〇ちゃ~んダメよ~」というだけ…(=o=;)何もしようとしない。
ピースはまだ9ヶ月なので他の犬に嫌といえないのに・・・・・・・・・・


キレた!


私が・・・・・(`ε´)
いきなりヤクザになってしまい「オラ~~ッウチの娘になにするの!オラ~オラ~ッ!ヤメンカイ」と言いながらラブのチョークチェーンを片手で持って持ち上げ「グェッ」ってなるまでシメてやったんだけど、また来るんだよね~(~o~;)
(*+_+)ノ…


シツケ教室に来る犬の中にもマウンティングする犬いるけど、飼い主さんは厳しく怒ったりしてる。
それが当たり前なんではないんでしょうか?
シツケに関する考えかたは人それぞれだけど…
マウンティング飼い主曰く、「ウチは厳しくシツケしてないけど、イイ子なの~。レトリバーは大人になったらオトナシクなるしね~」って・・・・・
それでイイ子なの?
自分で犬をコントロールもできないのにノーリードにするなっ!つーうの!!

犬を自由に好き放題にさせるのは構わないけど、話しに夢中になってウ〇チしているのも気付かないでいるし…
他の犬のボールを取って返してくれないのも気付かず…
そんなに話しがしたいなら一人で来れば?って思っちゃう。


犬の中には自分のボールでしか遊ばない子だっているし、嫌な事されても怒れない子だっているのに・・・・・
無関心飼い主が多い事が残念でまたらない。


ここの所涼しくなったので銀牙とピースは屋上で遊びました♪




d50c6101.JPG「ママ~!もっと広い所で遊びたいよ~!でも銀ちゃんと遊べるから我慢するけどぉ」byピース



7b8e83b1.JPG「ポックンは弱虫だから公園なんて行かないで屋上で遊んでる方がいいけどセナお姉ちゃんと河川敷行ったときは楽しかったなぁ」by銀牙



dfbfb2d5.JPG
471d5ec4.JPG

「ママ~!アタシも銀ちゃんと河川敷行きた~い。ダメ~?・・・一人で走るしかないかぁ…U・ェ・U」byピース


ピーちゃん、もう少しお利口になったら銀ちゃんと遊びに行こうね♪♪



cbb6704e.JPG「はぁ~い。頑張ってお利口さんになるよ♪」




ps:私の知り合いの方のワンちゃんは他の犬にイジメられてお腹を出したのですが、そのお腹を噛まれたそうです。
性格の悪い犬を作り出すのは飼い主なのではないでしょうか!?(全てだとは限りませんが・・・)

セナままの愚痴でした。m(__)m
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

マイブーム♪♪

最近、ハマッているもの…
ピースと銀牙のために買ったのに…
私のコレクションになりつつあります。f^_^;



それは…



ブタさん♪


c90f4d54.JPG
特大、大、中、小



d821032f.JPG
(*^m^*)…♪
一部足の無いブタさんは、ピースに食われてしまいました。



↓↓お気に入り♪

eae10fc1.JPG
52754292.JPG

特大と小が可愛いよね~(o^-')b



こんなブタさんも…



c6ebc1e6.JPG
なんだかコワイですね(^-^A



こんななっちゃうんです(=o=;)
ヒョエー(//>▽<//)


dcb30bee.JPG
いくらキモカワなものが好きでも…
これはキライ!



捨てたいけど、なぜか捨てられないママなのでした~σ(^◇^;)



54e6d636.JPG
鶏さんも~リアル♪♪(*‐д‐)


別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ファッションショー…(^◇^;)


ピーちゃんコレクション
☆その1☆


218488ea.JPG「笑えとか、待てとかうるさいんです」byピース


☆その2☆



b4852b4c.JPG
「まったく、こんなの着せられて…
でも可愛い?」byピース



☆その3☆


8b186b2b.JPG
「これは、セナお姉ちゃんのオサガリなんだってさ~。銀ちゃんとオソロなんだとサ♪」byピース



☆銀牙も☆


79daab73.JPG
「ポックンも着せられちゃいました…トホホ」by銀牙



☆その4☆


7e8b0c78.JPG
「またセナお姉ちゃんのオサガリ。高かったのよ~とか言っちゃってムリヤリ着せられて…ママのケチ!」byピース


☆セナちゃんも…☆


16d8cbdf.JPG
「アタシも最初は嫌でした~」byセナ





そして…ピースの衝撃的な…(*^m^*)



裸の写真…キャ~(*/∇\*)



151d97fb.JPG
「あんまりジロジロ見ないでネ!
だって…女の子だもん」byピース


「てゆーか、お洋服はキライ!そのうちビリビリにしてやるっ!イヒヒ。」byピース


今Θはシツケ教室が先生が忙しくて、お休みになっちゃったので…これも我慢を覚える訓練なのでした~f^_^;


なんちゃって…(^-^;)ただの暇潰しでした~

オワリ



別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

虹の橋の「雨降り地区」


こんなふうに幸せと愛の奇跡に満ちている「虹の橋」の入口に「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。
そこでは、いつもシトシトと冷たい雨が降り動物達は寒さに震え悲しみに打ちひしがれています。

そう、ここに降る雨は残してきてしまった誰かさん、特別な誰かさんが流す涙なのです。

大抵の子は半年もしないうちに暖かい日差しの中に駆け出して仲間と戯れ遊び楽しく暮らす事ができます。
ほんの少しの物足りなさを感じながらも…。

でも1年たっても2年たってもずっと「雨降り地区」から出て行かない子達もいるのです。
地上に残してきてしまった特別な誰かさんが、ずっと悲しんでいるので、とてもじゃないけれど皆と遊ぶ気になれないのです。
地上に残してきた誰かさんと同じ辛い想いをして同じ悲しみに凍えているのです。

死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし同じ楽しみを分かち合い愛し合った記憶は、あなたの心から永遠に消え去る事はないのです。
地上にいる誰かさん達の幸せと愛に満ちた想い出こそが「虹の橋」を創りあげているのです。

ですから、どうか別れの悲しみだけに囚われないでください。
彼らはあなたを幸せにするために神様からつかわされたのです。
そして何よりも大切な事を伝えにやって来たのです。
命の儚さと愛しさを。
つかの間の温もりに感じる慈悲の心の尊さを。
その短い生涯の全てを以って教えてくれるのです。

癒える事のない悲しみだけを残しにくるのではありません。
思い出してください。
動物達が残していってくれた形にも言葉にもできない様々な宝物を。
それでも悲しくなったら目を閉じてみてください。
「虹の橋」にいる彼らの姿が見えるはずです。

信じる心のその中に必ず、その場所はあるのですから・・・・・1714d87c.JPG

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

虹の橋からの手紙

「虹の橋からの手紙」


幸せをありがとう
愛してくれてありがとう
いつも抱っこをありがとう
守ってくれてありがとう
悲しんでくれてありがとう
悲しみを乗り越えようとしてくれて、もっとありがとう
逢えなくなってしまったけど本当は逢えるから・・・・・
あの日に出会えた事がとっても幸せだったから・・・・・
苦しくないよ
悲しくないよ
淋しくないよ
だからあの日みたいに笑ってね!
いっぱいの幸せを今もいっぱい感じるよ
いっぱいの幸せが今も包んでくれてるよ



74236696.JPG
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

セナの最期の時…?

病院で言われたのは、お腹から抜いた血液で腫瘍の種類がわかり、そのことでセナが今どのような状況なのかわかると…。
「腫瘍は血管肉腫と言うもので腫瘍の中でも最悪なものです。CT検査をしても手術できませんでしたよ。
今、セナは意識がとんでいると思います。痛みがあるかもしれませんが本人がどのくらい感じているのかはわかりません」と…。
意識がとんでいるのに自分で歩くのでしょうか!?
セナには意識があったと思います。



a6ae4bd8.JPG
5ヶ月半のセナ



夜中に何度も身体を動かしたがり寝返りをうたせている時、やっとの思いで立上がりトイレに行きウンチを済ませ水をガブガブと飲み全部吐いてその場に伏せて動けなくなりました。
友達と二人でセナをベットまで運びました。
しばらくしてミカンの汁を口に垂らしてあげるとミカンも食べようとしていました。
朝方、私がウトウトとし始めると「寝ないで!」と鼻でツンツンとされ起されました。

そしてセナの呼吸がおかしくなってきたのが朝の10時くらい〃〃〃
27分後…セナは「バイバイ」も言わず私に「ありがとう」も言わせず天国へ旅立って行ってしまいました…

最期まで私の我が儘を聞いてくれて辛い決断をさせる事なく…
本当に本当に飼い主孝行な子でした。

もっともっと一緒にいたかった…。

CT検査も「そんな事しても無駄だよ!」って教えてくれたんですよね。
私が無理をして検査を受けさせようとしていたのも、よーくわかっていたんだと思います。
セナはそうゆう優しい子だったんです。


14a5b856.JPG
9ヶ月位のセナ



セナが亡くなってから、いつもと変わりない部屋の中がシーンと静かになってしまいました。
今、そこに静かに眠っているセナを見ると、ニコニコと笑って起きてきそうな気がします。
そんなセナにいつものように、お話しをしたり、身体を撫でたりしていると
セナにお別れを言うために何人かの方が来てくれて、訓練士さんも会いに来てくれました。
皆さん、セナにとっては大好きで会いたかった人ばかりなので、とても嬉しかったんじゃないかな♪
「セナちゃんは人付き合いが良かったんだね♪」

db3fb8e0.JPG

そして次の日、大好きだったオモチャとお花と毛布に包まれて…食べる事のできなかったオヤツやご飯も一緒にお骨になりました。

a3c75781.JPG
なんだかセナが訓練や散歩に行っていて帰ってくるような気がしてなりません。
でも…
1日たっても2日たっても帰ってくることはありませんでした。

私の心の中に大きな穴がポッカリとあいてしまいました。

セナのいない生活が不思議なんです。
朝、起きても銀ちゃんのご飯を用意していても、何故ここにセナがいないのか不思議で…。
真っ暗闇のなかでセナを探しているような感じで、いくら呼んでも戻ってくる事はありませんでした。


「バイバイ、セナちゃん。またいつか絶対に逢おうね♪
寂しいけどその日がくるまでの我慢だね♪
忘れないよ。
大好きだよ♪セナちゃん」


88c9ae0a.JPG
d0632f91.JPG

「10年間いつも一緒にいてくれて楽しい想い出をありがとう♪」

別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

セナの最期の時…

1月25日、お天気がいいのでセナを屋上へ連れて行き気分転換をさせていました。
セナを可愛がってくれていた下のお肉屋のオジサンがレバーの唐揚げを持って上がってきていました。
「セナ~美味いもの食わしてやるからな~」って…セナはすごく喜んで食べていました。f964a820.JPG
〃〃〃〃〃〃




私はそれから仕事へ行き戻ってきたのが夜の9時過ぎ…。
セナの3回目の食事は11時くらいなので「ご飯ちょ~だい」と言っているセナに「もう少し待ってね」と言い聞かせていました。
ご飯が欲しくてキッチンの所でシッポをふるセナ…。

それが最後の元気な姿でした。
急に様子が変になり、お腹が大きく動きます。
昼間、食べた物を全部吐きお腹が何度も動くのです。
そしてわたしの側にきて静かに伏せ「苦しいよ」と泣き出し「助けて」と何度も私の顔を見ます。
お腹を擦りながら「大丈夫!朝になったら治るから」とセナにいいました…が
結局、朝になっても昼になっても泣いたまま立ち上がることが出来ませんでした。




5fa73ad8.JPG
大学病院の鷲巣先生の紹介の病院で救急で診察と手当てをしてもらい、昨日とは違うセナの姿。
私の目の前で寝たきりになって酸素を吸っているのです。
信じられません!

診断の結果、腫瘍が爆発し出血しているとの事。
癌細胞がお腹の中に撒き散らされた状態です。お腹から抜いたのはほとんど血液だったそうです。
止血剤を注射してもらい、もし出血が止まれば、あと3ヶ月くらい生きられるけど止まらなければ、あと1日もつかどうか…と言われましたがまだ信じられません。
「セナちゃんが死んじゃうなんてあるはずがない」
病院には家のお隣りの方も一緒に来てくれていたので相談の結果、家に連れて帰る事にしたんです。
「セナちゃん、お家に帰ろう!銀ちゃんも待ってるよ」



0e02b91e.JPG
車の用意をするため外に出て…振り返ると、セナが立って私を見ていました。
立てなかったセナが自分で歩いて外まで出てきていたんです。

セナは帰りたかったんでしょうね!

車にどうにか乗り込み家に着いてからも階段を途中まで自分であがり、その先はお隣りの方と弟さんが運んでくれました。
その時、セナの後ろ足が動いていたそうです。
きっと自分で上がっているつもりだったのでしょう。
玄関からは、また自分で歩いてベットまで行き、そこで動けなくなりました。


56f364ff.JPG
それからは寝たきりになり酸素を吸わせお腹を擦りながら水をスポイトで飲ませてあげると美味しそうに飲んでいました。
そして私が動くたびに顔をあげてみてるんです。
きっと
「側にいて!」と言っていたんでしょう。


b7ab5a0a.JPG
3ヶ月半のセナ☆
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

悩み続けた毎日…?

1月12日夜、突然食べた物を全部吐き、うなり声をあげて伏せたままになってしまいました。
何時間も苦しそうに「ウ~ン」と泣いていました。
私に出来ることはお腹を擦ってあげる事しかありません。
可哀想で「セナ、もう頑張らなくていいょ。ママが泣いても心配しなくていいから楽になっていいょ」と言っていました。



そして朝方になるとセナは立上がり水を飲み、少しだけご飯を食べて回復していったのです。
私は腹水が溜まりはじめたのだろうと思い近所の獣医さんへ連れていきました。
今までの経緯を話し腹水を抜いてもらうようにお願いしたところ、幸いにも腹水は溜まっていなく腫瘍も大きくなっている様子はありませんでした。
先生は「私達のような町医者が出来る事は限られているのでサードオピニオンは大学病院でした方がいい。僕の出身大学で良ければすぐに連絡をとりますよ」と言って次の日に予約を取ってくれました。
これは最後のチャンスだと思いました。
セナには「これが最後のママの我が儘だから我慢してね♪」とお願いして検査を受けさせました。
日本獣医畜産大学の鷲巣先生のお話しによると、CT検査をして細胞診をして取れる腫瘍ならそのまま手術をするとの事。悪性なら手術のあと抗癌治療をすると言っていました。
取れるか取れないか悪性か良性か、お腹をきらなくてもわかるのです。
なんか私とセナに一筋の光が差し込んだような気がしました。
本当に嬉しかった。もしかして助けてもらえるかもしれないって…
CTの予約を2月1日に入れてきました。



67459356.JPG
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

悩み続けた毎日


このまま最後まで見守ろうと決めたのに…
「これでいいの?
間違ってないの?
助ける方法があるんじゃないの?
セナはどう思ってるの?」
と、毎日悩み続けました。


でも今はセナの食べたい物を食べさせてブドウ糖とポカリで低血糖を起こさないようにするしかありません。
セナが少しでも楽になれるように考えました。
肝臓の腫瘍で胃を圧迫されているので食事を3回に分けてお粥のようにして食欲が出るように犬用フリカケをまぜたり、牛肉と野菜スープを作ったりしました。
糖尿病の低血糖の事も調べてビタミンやオヤツも考えて与えました。



7ae7ec77.JPG
そうしているうちにセナは低血糖を受け入れるようになってきたんです。
低血糖が起こる前になると私の所に来て知らせてくれました。

「ごめんね…ママ頼りなくて。」

いつものようにワキの下からズボッて顔を出してペロペロしてくれます。

毎日、セナの心配をしながら仕事に行き、私が家で食事をするとセナが低血糖を起こす引き金になるので、運転中に食事を済ませ、1分でも1秒でも早く家に帰りたくて、いつも急いでいました。



6ecc0b9f.JPG
年末、仕事最後の日。帰るといつも縫いぐるみをくわえて出迎えてくれるセナが部屋の奥で低血糖を起していました。

「これから5日間はセナの側にいるからね♪」

と言いながらブドウ糖を溶かしたポカリを飲ませてあげました。


そして、セナとの最後のお正月を迎え…アッというまに仕事が始まりました。
そして、家のお隣りの方に私が留守の間、セナにブドウ糖とオヤツをあげて欲しいとお願いしたら快く了解してくれました♪



b98ad242.JPG
2ヶ月半の頃のセナ☆

次回へ続く…
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

SENNA…死刑宣告、そして最後のXmas

セナの肝臓の数値が順調に下がっていたのに11月の終わりに、また上がってしまいました。
先生は「たぶん慢性肝炎に移行したのだろう。でも薬で2年くらいは生きられるょ」
慢性肝炎→肝硬変なのだそうです。
この頃、セナがなんとなく池袋の同級生(一歳半くらいまで池袋で育った)たちに会いたがっているような気がして連絡を取ってみたんです。
そして12月9日ワンワン同窓会をやる事に決まったのです。
何日か前から当日まで嘔吐や食欲の減退などがあったにもかかわらず夕方には吐き気も止まり夜みんなの待っている池袋の公園へ連れて行きました。
懐かしい顔ばかりです。
みんな真っ黒になって遊んだものです。
想い出話しをして写真を撮って…「暖かくなったらまた会おうね♪」って約束をして帰ってきました。



そして3日後…
セナの身体がガクガクと震えはじめ倒れそうになりパニックをおこしてしまいました。
次の日、検索をした結果…低血糖をおこしているとわかりました。
砂糖水などを与えれば大丈夫だと言われました。
1日に2回も3回も低血糖をおこしセナは怖がり不安で私に助けを求めてきます。
どうしたらいいのかわからず、ただただ抱き締めて身体をさすりながら、なだめるしかありません。
近くの大きな病院で検索を受ける事にしました。
結果は〃〃〃〃〃

「肝臓に10cm大の腫瘍がありました。良性か悪性かはお腹を開けてみないとわからないが、でも悪性の可能性が大きい。手術をしても五分五分です」と…。
ハッキリさせるために検査をしたのだけど、やっぱりショックで頭の中は真っ白になりました。
「どうしますか?早く決めないと!この状態だと余命数週間~長くても半年ですよ」
私が1人で決めなくてはならないのですが、すぐに答えは出せません。
病院にお願いして検査結果とレントゲンをお借りして、掛かり付けの先生に相談に行きました。
そして、わずかな望みを賭け造影検査をしましたが…先生は「これは、もう取れないよ。大学病院でも取れないと思う」と…
「余命1ヶ月~3ヶ月です」と言われてしまいました。



33d12508.JPG
それから毎日悩みました。
どうしたらいいのか…
今のセナに手術をして入院生活を送られせるより、お腹を切らずに残された日を穏やかに過ごしたいと…
そして大切なセナが苦しむような事があったら安楽死も決断しようと…。

先生には「セナの前では絶対に泣かないでくださいね!いつもどうりに接してあげてください」と言われ、家では涙が出そうになるとトイレに入って泣いたり、玄関の外に出て泣きました。
セナは私が辛い時にいつも側にいてくれて優しく慰めてくれた子なんです。
そんなセナに今は涙は見せられません。



991e19ce.JPG
そのセナがクリスマスに死刑宣告を受けるなんて…
悲しくて悔しくて涙が止まりませんでした。
「もう神も仏もあったもんじゃない。セナがなにか悪い事でもしたの?こんなに優しくていい子を苦しめるなんて!」
私はこの日から神様なんていないんだと思うようになりました。



d71bec4a.JPG
次の日…
10月に愛犬を癌でなくした飼い主さんがヤギミルクや缶ずめをもってセナに会いにきてくれて、セナを抱き締めてくれました。


次回へ続く…。
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

銀牙の悩み…☆その後

着々と復讐計画を立てている銀牙…
d1c83d88.JPG
ポックンはビビリなんかじゃないぞ~!
強くなるために体を鍛えているんだから!(なんか魔裟斗になった気分…)



edde7050.JPG
強くなるんだ~!



404c4198.JPG
耳だぁ…
アイツの弱点なんだ!アイツは泣き虫だからな!イヒヒ…



そして〃〃〃〃〃

28200238.JPG
ここから…ムフフ…。


cccd6f4b.JPG
素早く走る…走る…
そしてハウスへGO♪



fabf0bc8.JPG
そしてポックンは何もなかったように普通の顔する…。
これで完璧(^-^)v



そんな時にママがこんなものを買って来たんだ。
7ec790b2.JPG
「銀ちゃん、これを買ってきたよ♪かわいいでしょ!?気に入ってくれるといいなぁ…」


b9b2d3d1.JPG
エーッ!?なんでなの?
まっ、少し気に入ったけど…
どうせまた、アイツに取られちゃうんだろっ!






「銀ちゃん、ごめんね~(^-^;)あのオモチャのワンちゃん、ママが捨ててしまいましたぁ~ゆるちてぇ〃〃〃〃m(__)m」




9fe8c51b.JPG
エ~~~ッ、は・犯人は、ママだったのぉ?
さいあく~
ポックンの血と汗と涙の練習は・・・・・



「携帯電話とボールの行方は、わからないけど……新しいブタさんとワンちゃんで許してください。f^_^;」




3611d130.JPG
んもぅ~!
ママが真犯人だったのかぁ…。(`ε´)
ぢゃ、許すしかないぢゃん。
それに、ブタさんとワンちゃん気に入っちゃったしサ~。





その頃、何も知らないピースは…



1faa0f3d.JPG
ママ~ママ~っ♪
アタチ、今日はママのベットで寝た~い♪♪ここで寝る~☆☆





いつも呑気なピースなのでした~♪
「ピーちゃん!銀ちゃんの携帯電話とボールの隠し場所、ママにそっと教えてね♪」


別窓 | ペット | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

銀牙の悩み…☆

最近の銀牙には悩みがあるのです。



ポックンは今まで静かな所て眠ったり、お気に入りのオモチャで遊ぶのが楽しみだったんだ!

f3abef62.JPG


なのに…オモチャが行方不明。
いくら探してもみつからない。
e31ded0a.JPG


ポックンのボール、ワンちゃん、携帯電話が無い。
どこに行っちゃったの?

そういえば最近ポックンの回りに変な奴がウロウロしてたな!
なんか見張られているような気がするんだけど…どうやら気のせいじゃないみたいだな!



694c7585.JPG
こいつが犯人か…。
そうデカくて茶色くて目が三角の奴…
見覚えがあるぞ!



f6144341.JPG

一度、ポックンの部屋が荒らされていた事もあったんだ。
犯人はコイツに違いない!!



42c3bad2.JPG

オマエという奴は…
どこまでポックンを困らせたら気がすむんだ!
今に見ていろよ~。
必ず痛い目に合わせてやるからな~。



7c734d0b.JPG
こから突き落とせば…ムフフ…



そんな銀牙の復讐計画など知りもしない犯人は…
187b6647.JPG


アニマルプラネットを夢中になって見ていて銀牙の復讐計画など全く気がついていないのでした。



6eabcbe2.JPG


覚悟してろよ~!


続く…。
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

変なカタチ~

ピーちゃん、なんか変じゃない?



0f92f0e3.JPG
手のカタチがMのような気がするんですけど…(^-^;)



0688f1ee.JPG
ほ~ら、やっぱり変なカタチ。
ママも真似してみようとしたけど無理だゎ…



ac03165d.JPG
しかも足までM字開脚だし…(=o=;)



cb83f408.JPG
あなた確かこの日はお腹がすご~く痛かったのよね!?
それでもMになってるゎ…

b53a01f4.JPG
病院の待合室でもママを睨みながら、またもやMね!



実は、診察台の上でもダブルMになるんです(^-^A
これは…ピースのコダワリなのでしょうか?
ピースは手がシビレちゃたりしないのかな?一度聞いてみたいママなのでした~♪♪
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

「犬の十戒」

? 私の一生は10年~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも、あなたと離れている事は辛いのです。
私のことを飼う前に、どうかその事を考えてください。

? 「あなたが私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間が必要です。

? 私を信頼してください…それだけで幸せです。

? 私を長時間、叱ったり罰として閉じ込めたりしないでください。
あなたには仕事や楽しみがありますし友達だっているでしょう。
でも…私にはあなただけしかいないのです。

? 時には私に話しかけてください。
たとえ、あなたの言葉そのものは、わからなくても私に話しかけているあなたの声で理解しています。

? あなたが私のことを、どんなふうに扱っているのか気付いてください。
私は決して忘れません。

? 私を叩く前に思い出してください。
私にはあなたの手の骨を噛み砕くことができる歯があるけれど私はあなたを噛まないようにしているということを。

? 私の言う事を聞かない、頑固だ、怠け者だと叱る前に私がそうなる原因が何かないかと、あなた自身考えてみてください。
適切な食事をあげなかったのでは?
日中、太陽が照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱っていないだろうか? などと。

? 私が年をとってもどうか世話をしてください。
あなたも同じように年をとるのですから。

? 最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送ってください。
「見ているのが辛いから」とか「私のいないところで逝かせてあげて」なんて言わないで欲しいのです。
あなたが、そばにいてくれるだけで私にはどんな事でも安らかに受け入れられます。
そして…どうか忘れないでください。
私があなたを愛していることを。


別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

セナママファミリー♪♪

実はウチには他にも家族がいたのです。f^_^;
写真を携帯カメラで撮ったもので見ずらいと思いますが…
ご紹介します。



3ad889a2.JPGミッキーくん(ポメラニアン)
私の初めてのワンコでシツケもきちんとできず、最強のワガママ犬になってしまいました。



de4b20d3.JPG
f8fcd004.JPG

でも、と~っても長生きしてくれて亡くなる前の3年くらいはボケてしまいパピーのようになってしまいました。その3年がミッキーの一生のうちで一番愛しいと思いました
そして…2002年12月28日、20歳で虹の橋へ旅立ちました。大往生でしたね♪



a4a56d15.JPG
217c67be.JPG

モモちゃん(トイプードル)
とても甘えん坊で人が大好き♪気が強くセナを教育的指導してくれました。
1996年9月15日に突然、虹の橋へ旅立ちました。 9歳でした…。



9f4cbc2e.JPG
ビスやん(本名ビスマルク、オカメインコ)
犬の中で育ったせいか「ワンワン♪」と鳴く子で機嫌がいいと自分の名前を連呼して「ケラケラケラ~」って笑っていました。なぜかメス犬が大好き♪(ビスやんはオス)
2004年3月2日虹の橋に飛んで行ってしまいました。10歳でした。



もう1羽オカメインコのメルちゃん(本名メルセデス)がいたのですが残念ながら画像が見つかりません(;_q)
もらった時から元気のない子だったけど全身黄色い羽につつまれた綺麗な子でした。
2005年9月28日(年齢不明)虹の橋へ飛んで行ってしまいました。

思い起こせば…ウチには、たくさんの家族がいたんですね♪
それぞれ個性があって楽しい毎日でした。
み~んな、虹の橋で仲良く遊んでいるんだろうなぁ〃〃〃〃〃♪♪
楽しい想い出をありがとう( v^-゜)
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ピースとの出会い…♪

2006年3月3日にウチに来たピース。
迎えに言った時、思わず口から出た言葉が「この子機嫌が悪いの?」ってくらいフテクサレタ顔をしていたんです。
↓↓↓3月3日のピース068ecc98.JPG

そして3月4日のピース
↓↓↓
ac273e05.JPG
なんかやっぱりフテクサレ顔だな!



8f2d7e83.JPG毛がモコモコとしたGRのパピーが憧れでピースは、まさにそれだったのに顔が…ちょっと違うみたいなんですけど…(-.-;)



e7234dc6.JPG
でも少しずつだけど可愛くなってきたかな!?
女の子だから心配なんだよね~
まっ!面白いからいっかぁ~♪



39151655.JPG
立派な二代目おはぎ鼻になるんだよ!
頑張れ!!



dcd29b25.JPG
耳の毛がレゲエの毛みたいで笑えるけど…
まっ!いっかぁ~♪



fb1b9641.JPG
やっぱり立派な二代目おはぎ鼻だもんね♪
これからも期待してるよ!(^-^A


9a574db0.JPG
只今、立派な二代目になるため、修行中です
(=o=;)ダメだこりゃ…
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

セナとの初体験♪♪

今から約10年前の事。
当時セナは1歳…。
6ヶ月の頃から訓練をしてもらっていたので訓練競技会へ出す事になったのです。
指導手は…セナママ(=o=;)
初等科、アマチュアの部に挑戦!
確か…20頭~30頭ぐらい出場してたかな~!?
自分たちの番が来るまで待機。
あの時は、心臓が口から飛び出そうなくらい緊張したなぁ(TmT)
競技のコースから逃げ出してしまう犬、競技中にウ〇チをしてしまう犬、いろんな子がいました。
そしてセナと私の順番が来たのです。



もう…緊張しまくり。


死ぬかもしれない。



足がガクガク、手も震え(((=_=)))ひきつり笑い(汗)



名前と番号を言って競技が始まりました…。


0be2def3.JPG
?紐付き脚側行進
?紐無し脚側行進
?脚側停座
?伏臥(ふせ)
?停座および招呼

これらが、どれだけ正確にきちんと出来るのかを競うのです


どうにかこうにか全部を終了。
でも途中でセナに膝でグィッて押してしまい注意をうけてしまいました(減点)f^_^;



8b2aa6ff.JPG

結果は…どうだったでしょうか!


始めての競技会にしては、まずまずの出来だったかな~!?
セナはきちんと出来ていたのにママのせいで減点になってしまったけど…。
50点満点中49点だったのです。(^-^A



見事!5位入賞♪
訓練士さんも喜んでくれてセナもご機嫌でした。




917ebeaf.JPG
「どうよ~!エッヘン」

すごいよ♪セナちゃん。よくできたね!
今度は表彰台を狙おうね♪
と、約束をしました。
セナちゃん、お疲れ様でした~♪♪。


これが私とセナの初体験でした。
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

セナの闘病生活…?

抜糸が終わってからも何となく元気がありません。お腹が少し張っているような気がします。
先生曰く「手術の後だから肝臓が腫れているんですよ」との事。私は「もう少ししたら元気になるのかな」なんて思っていました。
9/16に犬仲間の方がセナを散歩に連れてってくれると言ってくださったのでお願いしました。そして散歩の途中で吐いたそうです…。それからは家で何度も吐き熱も出てきてしまい私もセナも眠れない夜を過ごし朝一番で病院へ行きました。すぐに血液検査をしてもらうと結果は急性肝炎。即、入院。さっそくインターフェロンの治療が始まりました。「1~3日がヤマですね」と言われ泣きながら車を運転して帰りました。
「もう元気なセナに会えないかもしれない…」
でもインターフェロンが効いているようで回復は順調でした(*^_^*)
9/21検査結果を聞きがてら母と二人でセナのお見舞いに行くと、いつもの元気なデヘデヘ顔のセナが歓迎してくれて本当に嬉しくて嬉しくて早く連れて帰りたい気持ちでした♪


979efb1f.JPG



そんな時、犬仲間のGRの子が肝臓癌だと聞いたんです。
詳しくお話を聞きたくて電話をすると…
なんと…その子も春から原因不明の下痢だったそうで、ある日おなかの膨らみが気になりCT検査をしてもらったそうです。

診断は…末期の肝臓癌。癌細胞からの出血と腹水でお腹が膨んでいたのです。
もう手の施しようがないと言われ飼い主さんは「その日が来るまで穏やかに過ごさせる」と決めたそうです。
私はすごくショックで信じられない気持ちでいっぱいでした。だってその子は7歳なんですょ。
そして私はその事を病院の先生に話すと先生は「長期の下痢=肝臓癌とは限らない。セナは肝炎なんだよ。」と言われました。
そして、その子の飼い主さんは「先生に笑われてもいいからCTなどの検査してください。うちの子と同じおもいをさせないでほしい」と…
その時、セナはお腹の張りがあったものの、とりあえず元気だったので先生の言葉を信じて「セナは肝炎なんだ。セナが癌なんてあるはずがない」と自分に言い聞かせていました。
そして…その子の最後のお散歩。公園に会いに行きました。
これが最後になるんだと思うと寂しくて悲しくて…飼い主さんの気持ちを察すると辛くて辛くて涙があふれてきてしまいました。

そして…その子はご飯を食べなくなり、自力で立てなくなり、意識朦朧となり…
優しいご家族に見守られながら10月13日に虹の橋に旅立っていきました。(;_;)


7971cfca.JPG

↑↑虹の橋に旅立った彼女は、とてもお利口で人が大好きで、すごく優しくて公園では人気者でした。白い毛の綺麗なゴールデンレトリバーでした♪

次回に続く…☆
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ピースの秘密…♪

今回はピースの事をお話します。実は…


c7075d66.JPG
こ~なに可愛かったピースには恥ずかしくて人には言えない(みんな知ってる)秘密があるのです。
それは……ウ〇チを食する事!
食糞防止のサプリを試しても、しつけ本に出ていたフードにコショウを混ぜても、やっぱりダメ(*+_+)ノ



そして今も…



ebff5b97.JPG
「もったいないぁ…でもママに怒られるんだよね~! どおしよう…いっそのこと全部たべちゃおうかな…そしたらバレないかな!?」byピース
ってか、そーゆー問題ぢゃないだろっ!(`ε´)
半分残して悩んでるピース…少しは成長した証しなのかな!?

69d969d3.JPG
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

二代目は…??

『ママーーーーーァ♪ アタチ…アタチは、いつ登場するのさっ!』

258e3705.JPG
「(*^m^*)ハイハイ、わかっていますよ~♪ちょっと待っててネ!今は昨年の話をしているの…。ピーちゃん、まだ産まれてないのよねぇ…(=o=;)」

『あたち…早く登場した~~いU^I^U』
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

独りぽっちの銀牙☆

「ポックンがここの家族になってから、いつもセナちゃんがいてくれたのに…サミシイょぉ。
セナちゃんの誕生日なのに…ポックン1人で撮影かよっ!」
f296f14b.JPG

大丈夫だよ!セナが帰ってきて元気になったら記念撮影だよ~♪
217d8fca.JPG
「セナちゃんは~?
どこだよ!また1人かよ!」
b60e251a.JPG
「ニコッ♪デヘヘ~」
ほ~ら、かゎぃぃ2ショット♪
でも、今までセナはどこにいたのかな!?
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

セナの闘病生活の始まり…

昨年のGWから下痢が始まり病院へ行き薬をもらい飲ませていましたが薬が終わるとまた下痢…この繰り返しでした。6月にいつもの先生に抗生剤とヒルズのW/dを処方してもらい、どうにか下痢も治まりました。そして8月中旬に出血が…発情だと思っていたけど、なんか様子が変で…。ペットシーツに血の塊のようなものを発見。(-o-;)
まるで膀胱炎のような症状でした。
「セナちゃん、明日の朝になったら病院へいこうね」
0e997c19.JPG
病院で検査の結果、子宮の病気と膀胱炎を併発。出血は発情ではありませんでした。
私は発情だと思い1週間もセナを苦しめてしまったんです。飼主失格です。翌日に手術することになり準備のためセナを家に連れて帰りました。
8/20入院そして手術。セナにとって初めての経験でした。
手術の途中で先生から電話があり、乳腺の大きなシコリも取りますとの事でした。
そして手術も無事に終わったと連絡がありました。21日~23日まで毎日セナのことばかり考えて…病院にも毎日電話して様子を聞きました。まるで恋人が入院したみたい。(^-^;)検査の結果24日に退院決定!!長い長い4日間でした~。

3bba8013.JPG
セナのバラボナ姿…。
子宮の状態はかなり悪かったようですが…
「これで2~3年長生きできるねっ♪」って先生に言ってもらえました。
「パラボナ生活は抜糸までの辛抱だょ~我慢してね~♪傷が治ったらお散歩行こうね♪」ってセナとお話ししながら家に帰ってきたのでした。

乳腺のシコリは幸いにも良性でした♪
8/31抜糸も無事終了。散歩行くぞ~(*^o^*)

次回へ続く…。
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

☆お星様になったセナ

1995年8月22日に生まれ2006年1月27日に虹の橋へ旅立っていってしまいました(;_q)9b164740.JPG
病名は血管肉腫でした。
ゴールデンの死因のほとんどが悪性腫瘍だと聞いてはいましたが…まさか、自分の犬が…セナが癌なんて思ってもみませんでした。

b80f14eb.JPG
私はこの時から神様も仏様もいないんだと思うようになりました!
5e5ec039.JPG
こんなに優しくていい子なのに…どうして?

あの辛い日々を思い出すと今でも涙が止まりません。

でも、銀牙とピースが楽しかった頃を思い出させてくれるんです♪

これからはセナの想い出を少しずつ語っていきたいと思っていますm(__)m

別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ビビリの銀牙

2003年2月の終わり頃に、うちの子になったパピヨンの男の子、銀牙で~す8dec5623.JPG銀牙は兵庫県のある公園に捨てられていた子なのです。(;_;)
年齢は推定…(-"-;)10歳。マーキングと食事の時に手を近付けると「がるる~~」って怒るけど、それ以外はとてもお利口さ~ん(o^-')bお散歩でも引っ張り歩きしたことがないのです。
なんで、この子が捨てられてしまったのか不思議…。
世の中には残酷な人がいるんですね!
「ポッくんは弱虫だけど、最近と~ってもハイパーな奴がうちに来てママが困って泣いていたから、助けなくちゃ…と強くなる決心をしたんだ♪ポッくん頑張るから応援してね♪」
59646141.JPG
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

二代目おはぎ鼻

はじめまして☆
G・レトリバーの女の子、ピースです。
2005年12月2日に埼玉県狭山市で生まれました。
2006年3月3日にうちの子になりました。
現在は9ヶ月…お転婆娘に成長しています。6137dd3e.JPG
「寝ている時は天使だけど起きたらすごいんだぞ~ィヒヒ」byピース
b2a93b75.JPG

「あたちにはパピヨンのお兄ちゃんと今年、お星様になっちゃったお姉ちゃんがいるんだよ!あとで紹介するね~♪」byピース
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| ゴル☆ゴル☆パピ☆日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。